綾野剛ファンサイト

綾野剛さんを応援する非公式ファンサイトです。新着情報などをお伝えしています。ご意見等ございましたら『お問い合わせ』よりお願いします。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

綾野剛さんの9月雑誌掲載情報(追加分)

綾野剛さんの9月雑誌掲載情報に追加がありましたのでをお知らせします。

p1.jpg



       ・週刊ザテレビジョン
            (9月17日)←NEW!


       ・+act. (9月27日) 
        
     



                  

                                    (公式HPより)



発売日は変更になる場合がございますので予めご了承下さい。



【テレビ出演情報】

9月11日(木) 午前10:05~午前10:59 TBS「空飛ぶ広報室 最終話」



オフィシャルサイトに「なりすまし」の記事が載ってました。

綾野剛さんご本人にご迷惑がかかりますので、心当たりのある方は、何卒、

お止めくださいますようお願いします。

スポンサーサイト

| 雑誌 | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

綾野剛さん出演予定ドラマ『すべてがFになる』放送日決定☆

綾野剛さんが出演予定のドラマ『すべてがFになる』の放送日が決定しました!


F1.jpg



【放送日】平成26年10月21日(火)21:00~


綾野剛さんと武井咲さんとのW主演となるこのドラマですが、スーパー理系頭脳をもつ

女子大生役の武井咲さんと、工学部建築学科准教授役の綾野剛さんが、天才的頭脳

の持ち主が起こした密室殺人に挑むという内容です。


綾野剛さん、武井さんのお二人がキャストに選ばれた理由なのですが・・・


西之園萌絵(武井さん)と犀川創平(綾野剛さん)は建築学科の女子大生と准教授の

師弟コンビという理知的な部分と、事件以外で見せる友人以上、恋人未満という、

和やかでどこか可笑しみのある関係。このふたりのコンビネーションや立ち姿を考えた

際に、武井さんの持っている聡明な表情、シャープな雰囲気と、そして綾野さんの持っ

ている、洗練されていて、非常に包容力のある存在感が、西之園萌絵と犀川創平の

キャラクターにピッタリだった。ということらしいです。 

                                    (画像・記事は番組HPより)


その他、ドラマの詳しいあらすじや綾野剛さんと武井咲さんのコメントは、

番組HPをご覧ください。

番組HP⇒http://www.fujitv.co.jp/F/index.html



ほんと、いろんな役をこなされる綾野剛さんですが、今回は建築学科の准教授という

役です。どんなキャラクターになっているのか、楽しみですね☆

| 出演予定 | 12:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

綾野剛さんイメージキャラクター、文春文庫「秋の100冊フェア2014」

まだまだ暑い日が続きますが、季節的には読書の秋になりました(汗)。

今年は、綾野剛さんが、文春文庫「秋の100冊フェア2014」のイメージキャラクターに

選ばれましたので、各書店には綾野剛さんのポスターやチラシ、本の帯や小冊子など、

いろんな綾野剛さんに出会えます☆


ちなみにネットでは、東京の有隣堂 ヨドバシAKIBA店の店内の様子がアップされて

ました。


ゆうりん1


ゆうりん2

                        (有隣堂 ヨドバシAKIBA店内 有隣堂HPより)


キャッチフレーズは、『おいでよ、こっちに。』


本当に、綾野剛さんから『おいでよ、こっちに。』と声を掛けられそうな雰囲気の写真に

なってますね☆

秋


もし動画だったら反響がスゴイかも。。。

| CM | 12:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

綾野剛さんが言う「作品に愛された」とは・・・

映画.comの以前の記事に綾野剛さんの『そこのみにて光輝く』についての

インタビューが載っていたのですが、その中でも管理人が興味深く感じた

部分をご紹介したいと思います。


映画1



このインタビューの中で、綾野剛さんは初めて体験した「作品に愛される」ということ

について語られています。どういうことなのでしょうか・・・


映画2



「僕がこの映画を愛しているということではなくて、僕たち個人が主観を持っているように

映画も主観を持っていて、『そこのみにて光輝く』という映画が僕たちを愛してくれた、

出来上がった作品をみてそんなふうに思ったんです。演じているときは客観的な感覚は

持っていないし、一心不乱で演じていただけですが、見終わった後に、ああ、この作品に

愛されていたんだなと思った。作品のなかで生かされた、ちゃんと生きていたんです」


映画3



いろんな作品を経験されてきた中で、そういう感情を抱くことは「滅多にない」ことだそうです。

作品との出合い方も滅多にないことだったようで、脚本を手にされてから「3行ほど読んだ

ときに風が吹いた」と、そのときに感じたものを言葉にされています。


映画4

                             (写真・記事は映画.comのHPより)



このインタビュー記事を読んで、



確か・・・



モントリオール映画祭で受賞されたときにも「風が吹いた」という言葉を口にされて

いますが、『そこのみにて光輝く』という作品には、そういう力があったんでしょうね。

もちろん作品の力だけではなく、監督さん、役者さん、スタッフさん方の力あってのこと

なのですが。



他にも『白ゆき姫殺人事件』についての記事もありましたので、詳しくご覧になりたい方は、


映画.comのHPをご覧ください。
http://eiga.com/movie/78908/interview/

| ご紹介 | 09:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

綾野剛さんYouTube動画 再生回数BEST3(その2)

久しぶりにYouTubeに投稿されている綾野剛さんの動画の再生回数BEST3を

調べましたが、今回は、『そこのみにて光輝く』の受賞を記念しまして、

『そこのみにて光輝く』でのBEST3を調べてみました。


そこのみ動画


1位は【大人のキス】日本映画のキスシーン傑作選⑥綾野剛・三浦春馬・向井理~

という動画です。ゾクゾクするような大人のキスシーンをまとめた動画です。



2位は、『そこのみにて光輝く』の予告編です。実際、映画館で見られた方も多い

のではないでしょうか。



3位は、『そこのみにて光輝く』の初日舞台挨拶の動画です。少し前なのですが、

なんとなく綾野剛さんの金髪姿がなつかしいですね~


管理人の独断と偏見で・・・3位の初日舞台挨拶の動画をアップします。






アカデミー賞へのノミネートにも期待がかかり、ますます目がはなせませんね☆

| 動画 | 10:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。